読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セブ発ASEANへGO

海外・アジアへ旅立つ日本人へ。長期セブに住む就職コンサルタントがASEANでのみなさんの生活を指導(笑)。ASEAN(東南アジア)の生活やお仕事を紹介しております。10年以上のセブ歴からどんなお話がでてくるのやらサンキュ (;,;´_ゝ`;□ヾ(・ω・`。) 汗フキフキ

日本から出てアジアで生活する。年齢の限界から解放される②

 

日本から旅立ち、

アジアにでるといろいろないいことがある。

年齢の限界から開放される

sshiroh.hatenablog.com

 

今回はその後編です。

【入学も留学も年齢制限なく自由自在】

アジアでは、年齢による学習への障壁もすくない。

人々は一生学び続ける。

セブでも、30代、40代、50代の人が会社や事業を休みにして

勉強にくる。

あらゆる世代が集まっているので、非常に学びやすい環境だ。

年齢が高くても低くてもお互いを認める風土がある。

 

【英語と仕事のコラボレーション!年齢をさらに忘れさせる】

英語と仕事、別々で捉える必要もないんです。

お互いが組み合わされば、巨大な連携を発揮します。

 

英語ができることによって、

活動できる場所が増えます。国が増えます。

いろいろ人と未知のおはなしができるわけです。

世代の差を気にしない人たちとの会話が広がります。

 

仕事と合わせることによって、もっと大きなスケールの仕事になっていく。

仕事で英会話、英語を使うことによって今までえられなかった経験もどんどん増えていきます。

 

英語が使える人間は、新たな分野の仕事もどんどん与えられますし、

やらなければいけなくなるでしょう。

多くの新しい分野を体験し、学習することができやすくなるのです。

現在の年齢ではやらせてもらえないような事も多くできるようになります。

 

リタイアメントも、また新たな仕事のチャンスに恵まれます。

もう働くことを諦めていた人でもまた給料をもらえるチャンスを与えられる。

 

若い人も30代、40代、50代でしかやれないはずだったお仕事をいきなり任される事もある。

 

日本をでてアジアへ進出するいい事。

 

他にもまた紹介いたします。

 

 

 

#フィリピン #セブ #ASEAN #ベトナム #インドネシア #ミャンマー #タイ #シンガポール #マレーシア #インド #カンボジア