読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セブ発ASEANへGO

海外・アジアへ旅立つ日本人へ。長期セブに住む就職コンサルタントがASEANでのみなさんの生活を指導(笑)。ASEAN(東南アジア)の生活やお仕事を紹介しております。10年以上のセブ歴からどんなお話がでてくるのやらサンキュ (;,;´_ゝ`;□ヾ(・ω・`。) 汗フキフキ

海外でセブでSNS上で起こった奇跡の物語

アジア進出

 

2017年
新年
あけましておめでとうございます。

楽しい話題を書こうと思ったんですが、
セブで有名になった
あるエピソードの後日譚記事を見つけてしまいました。
とてもうれしかったんで載せます。

 

気にしている人もおおかったはず。

 

 

SNSで拡がった奇跡】
セブで1、2年前に話題になった一枚の写真がありました。
それは、マクドナルドの明かりで勉強する男の子の写真でした。

 

adgang.jp

////////////////////////////////////////////////////////////////

以下引用

 

フィリピンのマクドナルドが、セブ島に暮らす貧しい少年に起きた奇跡の実話をまとめたWeb動画を公開し、大きな注目を集めました。


動画のタイトルは、『The Boy Who Loves to Study(勉強するのが大好きな少年)』。

 

セブに暮らす少年・ダニエル君は、幼いころに父親を亡くし母と2人暮らし。

 

勉強が大好きで、将来は警察官になるという夢を持っています。

しかし彼の家はとても貧しく、家に電気すらありません。

 

そのため毎日夜7時になると、ダニエル君は近くのマクドナルドに行きお店の明かりで勉強をしていました。

この光景を目にした学生のジョイスさんは心を打たれ、ダニエル君の写真を撮ってFacebookに投稿。

この1枚の写真がSNS上で瞬く間に拡散。

シェア数は約1万件にも上りました。

 

やがて、このニュースはテレビをはじめ数多くのメディアに取り上げられ、ダニエル君は一躍有名に。

 

「この少年のために寄付をしよう!」という声が
あちこちで見受けられるようになりました。

 

そしてマクドナルドもまた、ダニエル君への援助を決定。

彼は高校を卒業するまでの間、同社から援助を受けられることになりました。

 

今回マクドナルドが本内容の一部始終をまとめた動画を制作するにあたり、ダニエル君とジョイスさんは久しぶりに再会。

2人ともとても嬉しそうな様子。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【日本では考えられない物語が、家のすぐそこで起こっている】

 

セブにいると色々な問題、課題、不安が対岸の火事ではなくなる。

 

金持ちもいれば貧しい人もたくさんいて、ドラマがある。


それは目の前に起こる命や生活に関わるリアルだ。


日本での自分の悩みなどどうでも良くなるクラスの事もある。

 

大事なことはそこで何をどうするか。

 

 

 

【気づきや学びがある】

 

セブにきて学び、目覚める人は多い。


そして行動に移す日本人も多いのです。

 

彼らが始めるのは多くはボランティア活動。


ボランティアに余裕のない人も多くいます。


仕事を通して同様の事を行おうという人もいます。

 

 

 

 

【今まで日本で築いた価値観を見つめ直すチャンス】

 

海外にいるという事は、今まで日本で築いた価値観を見つめ直し、新たな価値観を手に入れる、そんなチャンスに巡り会えるという事。

 

その問題を根本から解決できないかもしれない。
どうなるかは誰にもわからない。


机上論ってこれだったのかと知ることがおおい。

 

そこで学ぶ事って非常に多いと思う。

 

今回のマクドナルドの少年に関しては私はできることはありませんでしたが、私にも『この少年』はいて助けています。

 

皆さんにも『この少年』は現れると断言します。

 

こんなところにも海外にでる価値がありますね。


#フィリピン #セブ #ASEAN #ベトナム #インドネシア #ミャンマー #タイ #シンガポール #マレーシア #インド #カンボジア
#フィリピン留学 #フィリピン就職 #セブ留学 #セブ就職 #ASEAN就職 #海外就職 #ベトナム就職 #インドネシア就職 #ミャンマー就職 #タイ就職 #シンガポール就職 #マレーシア就職 #インド就職 #カンボジア就職 #中国就職 #香港就職 #台湾就職 #上海就職 #韓国就職 #海外転職 #世界就職 #セカ就